--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.28

ネコを飼えなくなったら

Category: 未分類
今年7月、隣のアパートの住人から引っ越し先に猫を連れていけないのだけど
どうしたものか と相談を受けた。
ペット飼育禁止のアパートで室内外自由にさせて“飼って”いたので私もその猫を
知っていた。
避妊手術済みとわかっただけでも少し救われた思いでいたけど、やっぱりそうなる
でしょうと想定内の相談。
ただ、その話を聞いたのは引っ越し当日、引っ越し作業真っ只中。
早急に何とかしたくても我が家にはその子を飼うキャパがなく、近所のネコボラさんに
連絡をして引き受けて貰う段取りをつけた。
そして無事に猫を引き取り、ボラさんに引き渡した翌日、まさかの脱走。
脱走翌日には元のアパートから歩いて1分の引っ越し先の元飼い主宅で保護。
「バレるまでここで飼います」と言う元飼い主に「できれば室内だけで飼って」とお願い
するも「この子は外じゃないとトイレしないから」と、以前と同じ飼い方をしていた。
そして約2ヶ月がたった今日、不動産屋と大家から猫飼育禁止を言い渡されたので
引き取って欲しいと再度連絡があった。



よくあるパターン。
置き去りにしたとしても、引っ越し先が徒歩1分じゃすぐ元飼い主のところへ行くはず。
現に脱走翌日、元のアパートへ戻ると思っていたら引っ越し先に行くほど賢い子。
年齢・経済的理由、人間の都合はいろいろあるでしょう。
その子が可愛いと言うなら、お互いが安心して暮らせる手立てをみつけて欲しい。
外に離すしかない、保健所に連れて行く、殺すこともできないし(当たり前だ!)
そんな言葉を並べて他人に迷惑をかけるのはやめて欲しい。
私はネコボラじゃない。
野良猫の現状を知って、目の前の手を出せる範囲で動いているただの猫飼い。

その元飼い主には、その子の前にも世話していた猫がいた。
うちの敷地の日当たりのいい場所でよく昼寝をし、私の顔を見ては鳴いていた。
亡くなったことを知った時、その子が猫エイズだったのだと聞いた。
ノミの糞だらけだったので痩せてきたのは貧血だからだと思っていた。
見た目にもノミの糞だらけだとわかるのに、毎日家に入れて一緒に寝ている
(可愛がっている・飼っている)と言う飼い主というか、世話してる人がいる限り
私は手を出せないと思っていた。
今は、私の顔を見て鳴いたのは「家に入れて。もう疲れたよ。」と訴えていたように
感じる。
その子を世話していたのと同じ人からの相談だから、今度は手を出さずにはいられない。
だけどうちに入れてうちの子として飼うキャパがない。
飼えば飼える。
でも、今のうちのネコたちのバランスは無視できない。
うちのネコたちを最期までみる責任と、全員の最期を看取りたいという想いがある。

いま、前回引き受けて貰うことになっていたボラさんに、再度受け入れ可能か返信待ち。
前回すでに里親募集はせずボラさんが飼うと言っていたので、今後家猫として暮らせたら
いいけど。
良い返事がくることに期待したい。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。