--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.29

食欲事情

せっかく畳んだのに・・・。
自分好みにカスタマイズしたらしい。
IMG_1746.jpg


最近、お預かりからしばらく焼きかつお15本入りの小ぶりの物なら6~7本を
連続で食べていたのが、4~5本食べたら次を少し待てるようになった。

当初の様子を表現すると「もっと!もっと!ちょーだい!ちょーだい!」
食べ終わると「え?終わり??しゃーないな・・・これくらいにしとこか」と
諦めムードいっぱいな感じ。
今は「もっとある??あるよね??まだ食べたいよ~♪」
食べ終わると「ごちそーさまでした」とあっけなく去っていく感じ。

この表現で伝わるかどうか。。。
結局、まだ1・2本でおしまいにはなっていないので結構食べているのだが(苦笑)
「ごちそーさまでした」の時の去り方が本当に家猫らしくなったというか
毎日食べ物にありつけていたかわからない不安定な外暮らしの記憶が、食べることに
困らない安心感に変わったのだと思う。

ドライフード以外の、缶詰・おやつはお替わりの要求あり。
人の食べ物を欲しがることがあるので、気をつけないといけないけど。
お腹を壊したり吐いたことは今のところない。
フードの好みはあるようだけど、基本出した物は残さない(笑)

焼きかつおの気持ちいいほどの食べっぷり♪実際に体験してみませんか?
【 ローラ 】 里親様募集中です。
お問い合わせはこちらへお願い致します。



スポンサーサイト
2013
08.26

2回目の福島

Category: 未分類
24日、まおまみーさん・ぽんぽんさんに同行させていただき2回目の福島へ。
今回は福島で動物ボランティアをされている方も参加され、おやじさんの保護ワンコの
爪切りや道を塞ぐ枝の撤去などなど、大活躍だった。(お疲れ様でした~)

前日の予報ではあまり天気がよくなさそうだったので早めに家を出発したのだが。
気合が入っているのとは別物で、どれだけ心配性なんだ。。。と呆れるほど順調な走り。
待ち合わせ場所に集合時間の1時間以上前に到着してしまった(汗)
でもそのお蔭で、前回は遠目に眺めた海岸沿いや浜辺をのんびり散歩できた。
私がよく知る海岸(相模湾某所)は砂利で、砂浜を歩くのが新鮮だった。
ただ・・・あの日この海が大暴れしたんだと思うと怖さが先に立った。

IMG_1760.jpg

ほぼ順調に給餌場所を回り、慰霊碑がある海岸方面へ。
青々と茂っている雑草が少し黄色く変わっていたけど、傾いた電柱はそのまま。

P1000251.jpg

緑に囲まれて屋根あたりしか見えない車もそのまま。
この日この場所はとても静かで、その静けさが当たり前のような錯覚を覚えた。
でも、ここには漁港があり小学校があり人々の生活の場だったはず。

P1000249.jpg

まだまだ整備の手が入っていない場所がたくさんある。

P1000238.jpg

今回は残念ながら犬・猫の姿はなかったけど、前回置いてきた餌は無くなっていて
以前よく猫の姿を見て気になると言っていた場所には動物の糞が点々とあった。
姿は見えなくても生きている子たちがいる証があった。

IMG_1764.jpg

朝の時間配分ミスに続き帰りは帰りで、高速道路に向かう道を間違えて大焦り(苦笑)
キレイな夕焼けを見れたことが救い。
車中モンパチの「あなたに」の歌詞にグッときながら、家で待っているみんなのことを
考えながら家路につき長い1日が終わった。




2013
08.19

大人猫の魅力

“大人の女”な横顔の時もあれば
IMG_1715.jpg


トンネルを覗くとそこにマリアが居た(雪国風)
または
トンネルを覗けばマリアがいる(振り返れば奴がいる・・・ドラマ観なかったし
織田裕二ファンでもないが)
IMG_1624.jpg


追いかけっこの最中トンネルに飛び込んできたローラが、側で寝転がっているマリアに
勢い余ってぶつかりそうになるのだが、運動神経バツグンのローラは上手にマリアを避ける。
それはそれで見事なんだけど、バッタバタ走り回ってぶつかりそうなお子ちゃまぶりに
「・・・な~に?何なの?」と、全く動じないマリアが立派に見える(笑)
他ネコに無関心なのではなく、大人ネコ同士だとマリアからちょっかいを出したりするので
自分より年下(子供)の子に寛大なのかも。

そんな大人な対応ができる【 マリア 】 里親様募集中です。
お問い合わせはこちらへお願い致します。



2013
08.16

ママ猫&子猫たち

くぅさんのブログで里親募集予定のまおまみーさんが保護されたミルクっ子たち。
(または 流されかけた子猫たち←厳しい状況で保護されてほんとに良かった)
預かりさんが決まる前の週末、実は我が家でお預かりしていた。
小町を生後2週目で保護しミルクで育てた8年前の記憶を辿りながらのお世話。
しかも一気に4匹&ママ猫がやって来て、ワクワクどきどきの数日だった。
マリア・ローラ+〇〇〇〇のお預かり中、過去最高頭数のネコ密度!
一時的とはいえ2ケタの壁を超えた我が家が更に記録更新(笑)
でも、子猫たちはミルクの時間だけ出していたしママ猫はケージの中で療養中で
それほど頭数が増えた実感はなかった。(この感覚はヤバいかも・・・)
みんなの仮名をつけさせて頂くという嬉しいお話を頂いて、少しばかりテンションアップ♪

術後間もないママ猫が、ミルクを欲しがる子猫たちの声に反応して鳴く姿は切なくて
みんなお腹いっぱいで寝静まった時に思い出したように鳴く声は、子猫を探しているのか
傷の痛みからなのかわからずやっぱり切なく聞こえた。
でもケージの中で暴れることはなく、手術を受けた病院でもそうだったと伺っていた通り
威嚇するものの終始リラックスムードのママだった。
子猫たちは、まおまみーさんがお迎えに来られた頃には目が開いてジーっとこちらを見つめる
ようになり、うちの子になる?と言いたくなる可愛さ♪
帰ってからは飲むミルクの量が増えたそうで一安心。

“ゾンビちっく”な子猫たち♪
※音量注意(鳴き声が入っています)
[広告] VPS


ママ猫の名前(桂・けい)の由来となったきっちり真ん中分けな髪型。
カツラと書いて“けい”と読む。
IMG_1674.jpg


お桂さんの傷が早く癒えること、子猫たちが順調に育ち幸せになることを願いつつ
今も外で頑張っている命を繋いでいきたいと思う。



2013
08.13

スヤスヤ~

頭が落ちそう寝

IMG_1617.jpg





頭が落ちてる寝

IMG_1619.jpg


【 ローラ 】 里親様募集中です。
お問い合わせはこちらへお願い致します。



2013
08.10

福島へ

Category: 未分類
先週の土曜日(3日)、まおまみーさん・ぽんぽんさんに同行させていただき
念願の福島行きが実現した。
震災関連のニュースや、現地へ通っている方々のブログ等で見知った様子を
自分の目で見たかった。
そして何より、その場所の匂い・音・空気を感じたいと思っていた。

IMG_1640.jpg

磐越道・常磐道を通るのは初めて。
夏の高速道路らしい濃い緑の景色が広がっていた。
高速を下りて何ヶ所か給餌場所を回った。
伸び放題の雑草や道路に覆いかぶさるように出っ張った笹や木の枝をくぐり抜け
餌を置かせていただいているお宅へ向かう。
じっくり見てはいけない気がしながら家の中を覗いてみた。
縁側に積まれたままの布団、棚から落ちて散乱した物たち。
餌を置かせていただいている納屋の中は、湿気と動物たちの糞と放置された肥料等
の匂いに満ちていて息を止めたくなった。
探している飼い猫が家の中に入れるように窓と玄関を開けてあるお宅は、玄関に
一歩入っただけで先に行った納屋と同じ、家の中は湿気を帯びたカビ臭さ。
一時帰宅された時、それぞれのお宅の方の心境を考えると複雑な気持ちになった。
給餌の合間に、ローラの保護主・おやじさんご夫婦にお会いできた。
保護された犬や猫たちにも会ってコーヒーをいただいて、次の場所へ向かった。
その場所に近づいた時、車の数メートル前を走る猫の後ろ姿が見えた。
人が入れないほど雑草に遮られた先にある小屋にあの子は入って行き、遠くから
覗く私たちをじっと見ていた。
雨風はしのげても、何とか食べる物をみつけられても、過酷な環境に変わりない。

IMG_1647.jpg

一通りの給餌を終えて慰霊碑がある海岸方面に向かった。
車を降りた途端、潮の匂いと波の音。
そして思ったのは、何なんだろう この景色は。
家々が建っていたはずの場所一面に月見草や雑草の緑、所々に残った家の土台の
コンクリートのグレー。
ぽつんぽつんと、流されずに済んだものの家の中に海水が流れ込んで引いていった
痕跡が残る家。

IMG_1648.jpg

海の方へ歩いていくと漁港に出る前のコンクリートの壁が崩れ落ちて分断されていた。

IMG_1649.jpg

その向こうには、防潮堤手前に乗り上げたまま放置された船。
一見穏やかなこの海になにもかも流されて飲み込まれて。
その場に立っているのにピンとこない。
一瞬思考が停止してしまった気がする。

IMG_1646.jpg

おそらく建物の柱だったコンクリートの塊から、潮風に晒され錆びてぐにゃりと
曲がった鉄筋が出ていたり。
どれだけの力が加わればこんな形になってしまうんだろう。
その塊を見た時、広島の原爆ドームが頭に浮かんだ。
人災と天災。
福島はどちらも一度に受けたのだと思った。

帰る道すがら、再開した道の駅で復興に向かう兆しを感じ、住宅地の一角には仮設住宅が
あって自宅に戻れない方々の暮らしを思い。
あの小屋で会った猫や保護された犬の姿がよぎり。
大したお手伝いはできないけど、また現地へ行きたいと思った。



2013
08.05

開脚毛づくろい

今朝、思わず2度見したマリアの姿。
せっせと毛づくろいしていたのにカメラを向けるとピタッと止まる(笑)
010.jpg


別角度から見ると、お腹が邪魔してる?
013.jpg

しかしネコの身体は柔らかい。
私がその姿勢で前屈したら、確実に裏モモがつる。。。



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。