--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.16

ママ猫&子猫たち

くぅさんのブログで里親募集予定のまおまみーさんが保護されたミルクっ子たち。
(または 流されかけた子猫たち←厳しい状況で保護されてほんとに良かった)
預かりさんが決まる前の週末、実は我が家でお預かりしていた。
小町を生後2週目で保護しミルクで育てた8年前の記憶を辿りながらのお世話。
しかも一気に4匹&ママ猫がやって来て、ワクワクどきどきの数日だった。
マリア・ローラ+〇〇〇〇のお預かり中、過去最高頭数のネコ密度!
一時的とはいえ2ケタの壁を超えた我が家が更に記録更新(笑)
でも、子猫たちはミルクの時間だけ出していたしママ猫はケージの中で療養中で
それほど頭数が増えた実感はなかった。(この感覚はヤバいかも・・・)
みんなの仮名をつけさせて頂くという嬉しいお話を頂いて、少しばかりテンションアップ♪

術後間もないママ猫が、ミルクを欲しがる子猫たちの声に反応して鳴く姿は切なくて
みんなお腹いっぱいで寝静まった時に思い出したように鳴く声は、子猫を探しているのか
傷の痛みからなのかわからずやっぱり切なく聞こえた。
でもケージの中で暴れることはなく、手術を受けた病院でもそうだったと伺っていた通り
威嚇するものの終始リラックスムードのママだった。
子猫たちは、まおまみーさんがお迎えに来られた頃には目が開いてジーっとこちらを見つめる
ようになり、うちの子になる?と言いたくなる可愛さ♪
帰ってからは飲むミルクの量が増えたそうで一安心。

“ゾンビちっく”な子猫たち♪
※音量注意(鳴き声が入っています)
[広告] VPS


ママ猫の名前(桂・けい)の由来となったきっちり真ん中分けな髪型。
カツラと書いて“けい”と読む。
IMG_1674.jpg


お桂さんの傷が早く癒えること、子猫たちが順調に育ち幸せになることを願いつつ
今も外で頑張っている命を繋いでいきたいと思う。



スポンサーサイト
2013
05.05

あの時君たちは若かった

我が家で過ごした時より、きっと大きくなっているワンコたち。
生まれて保護された福島から遠く離れた地で、大事に育てられていることでしょう。

※音量注意(鳴き声が入っています)
※3つ目の映像 閲覧注意!(後半に排泄シーンが含まれます)
 人を知らずに生まれたビビりっこですが、おりこう街道まっしぐらでした。
 私にとって感動の場面でもあり、そのままアップしました。

[広告]
VPS
[広告] VPS
[広告] VPS

いや しかし・・・みんな可愛かった~。


2013
05.04

動く雅ちゃん

kerikeriさんのところへ移動する前に数日我が家にいた時の動く雅ちゃんです。
一部屋だけフリーにしたのですが、ヤキモチ焼きのりくが部屋から出なかった
ので、そのまま撮影。
※音が出ます。(鳴き声)

[広告] VPS


ここは窓とケージの15㎝ほどの隙間ですが、猫って狭いところが好きですね。
落ち着くようで熟睡中。
その寝方、苦しくないのかなぁ と思いつつ撮影。
※音が出ます。(寝息というよりイビキ)

[広告] VPS



2013
03.28

ワンコたち ショートステイ

今年1月下旬、子犬の搬送のお話があり、犬の世話は全く経験なかった私が無謀にも
お預かり予定を前倒しさせていただき、まずは生後約2ヶ月のチビ2頭(オス・メス)
続いて約3ヶ月のわんこ2頭(こちらもオス・メス)のお預かり&搬送をさせていただいた。

うちのネコたちにとっても初めての異種文化コミュミケーション。
まおまみーさんにお世話の仕方などを教えていただき帰られた後、爆睡している子犬たちと
ケージ(猫用2段ケージ)越しに対面。
何かいるけど動かないから近づいてみた、という感じで覗いていた。



先に来たチビたちは、できることならどちらか1頭をうちに残したいかも・・・と思ったほど
とにかく可愛かった。
便と一緒に出たとこしか見たことがなかったので、オスの子が回虫を吐いて驚いたり
オシッコのしつけがなかなか上手くいかなかったりと、悪戦苦闘が続いたけど。
そこを乗り越えて、ちゃんとしつけができれば犬とも暮らしてみたい!と思わせてくれた。

274.jpg
お転婆で好奇心旺盛なお嬢ちゃん

275.jpg
おっとりと思いきや わんぱくな僕ちゃん

239.jpg
こんな寝姿を見てしまったら・・・やっぱり 惚れてまうやろー♪


そしてもう2頭。
チビわんたちよりも人慣れしていないビビりな子たち。
にゃんこはうすのスタッフのみなさんが、かわるがわる抱っこして慣れさせようと献身的な
お世話をされた後、犬初心者の私が短期とはいえ預かってよいものか心配だった。
結果、先にチビわんたちに接していたことが功を奏して、多少気持ちにゆとりができて
毎晩寝る前に1頭ずつ抱っこして話しかけることができた。
この子たちが来たことで、チビたちがドライフードをよく食べるようになったり
手加減してもらいながら楽しそうに遊んだり、それぞれみんなが影響し合い、来た時よりも
たくましくなったようだった。

298.jpg
キャットタワーで寛ぐ2頭

290.jpg
頼りになる優しいお兄ちゃん(の カメラ目線)

2月9日、無事に4頭を預かりさんにバトンタッチ完了。
早くも4頭とも里親さんが決まり巣立っていったとのこと。
元気に成長して、生涯可愛がってもらえたら嬉しい。


2013
03.26

桃花ちゃん&雅ちゃん

3月4日 桃花ちゃん・雅ちゃんお預かり (from にゃんこはうす)

私にとって初めての、猫の預かり・搬送ボラ体験となった記念すべき2匹。

預かりさん宅へ移動が決まった2匹の搬送を担当させていただき
桃花ちゃんは翌5日、たまこさんと共に高知の里親さんの元へ。
雅ちゃんは9日、都内の預かりさん宅へ移動。

2匹とも小柄で少しビビり、シャーはしても攻撃性なし。

桃花ちゃんの方が先に緊張が解けたのか可愛く鳴いてくれた。
猫生初のドライブと飛行機の長距離移動を頑張った桃花ちゃん。
きっと可愛がられているに違いない♪
(写真を撮っておけばよかった。。。)

雅ちゃんは、移動までの数日を我が家で過ごしてもらった。
食欲はあるけどウンチが緩く、うちの子用のフードが合わないのかウェットのあげすぎか
気になってたまこさんに相談。
軟便ではあるけどその後のことは預かりさんに託し、お届けの時に整腸用のフードとサプリを
持参していただきバトンタッチとなった。
検便の結果、回虫卵がみつかり投薬できたとうかがい、ひとまず原因がわかってホッとした。
猫好きな優しい預かりさんのもとで家猫修行がんばってね。

IMG_1014.jpg


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。